ふきとふきのとう

今日はふきと薄揚げをさっと煮たやつをつくりました。
夫から
『ふきって蕗の薹ですよね』って言われ、

『な〜に言ってんですか、
違います・・え、別物じゃないの?』っとなり、調べると

フキは、一つの株から花と葉柄が別々に育つ、少し変わった植物です。
一般にフキとして食用になるのは、葉柄の部分。長く伸びているので茎のように見えますが、実際は葉の一部にあたり、円形に広がる葉と地下茎を結ぶ通路の役割があるんだそうです。
そして花蕾が、フキノトウと呼ばれてる部分です。


ですよ。

かんっっぜんに『勝ち』の顔でナナメから見られたのは言うまでもありません。

旬は4月〜6月って書いていたので、少し気が早かったなぁ。

咀 嚼

食べる人の顔を想像してつくるご飯。 口にすると気持ちがふっと緩まるようなご飯。

0コメント

  • 1000 / 1000