自宅でマルシェ。1日目。

この週末の土日は筑後市のイベントに出店させていただきました。

はじめての2日連続出店。
お弁当とおむすび、焼き菓子を持って行きました。
誘ってくださったのは馬場さんという方で、
先日のシティプラザでのイベント出店時に、菅田くん、あっ、菅田きゅんの舞台を観に来られていた馬場さんが我々を見てお声を掛けてくださいました。

その場では結果的にお断り・・みたいな感じで終わっていたのですが、木曜日にお店にご連絡をくださって、なんだかご縁を感じたので出店させていただくことにしました。

なので決まったのが2日前、そこからドタバタドタバタしてなんとか無事に参加出来ました。

そもそもご縁を感じたというのが、コーヒーくるみボールを食べた馬場さんが、ご友人の方と一緒にオトナ買いしてくださって。

コーヒーくるみボール。
ノブコお母さんも私も大好きなお菓子ではありますが、いかんせん見た目が伝わりにくい風貌をしてまして。(一個ずつシートに包んでいるので怪しい。味の想像しづらい)
そして私たちも『食べたら分かるヨネ』っというスタンスで販売しちゃっているやつ。

なのでそれを気に入ってくれたというのは結構な嬉しさで。
美味しい!が一緒の方って、なんかもうそれが好きな要因のひとつになりますよね^^

イベントの詳細もあまり確認しないままでしたが、自分の直感信じて良かったです。
ノブコお母さんも一緒だったみたいで、
『なんか多分大丈夫よ、行こう!』って言ってくれたので、はい、よかったです。やっぱり。

思っていた以上にいろんな方がいらっしゃって、可愛いものが沢山ありました。
わたしも自宅用に器を2種類購入しました。
嬉しい。
和田さんがくださったブローチ。
かわいい!
いっぱいある中から選ばせてもらいましたが、これを選んだらノブコお母さんから
『マナミさんはそれと思ったよ(にやり)』と言われました。

切り込みの人形もとても可愛かったです。

今なら、実家にあった節句の人形を
『いいじゃん!』って思える気がします。

やっぱり昔からあるものって、そういうことなんだな〜と。
年を重ねるごとにフィットしてくるんだろうなぁと思います。

馬場さんも他の皆さんもとてもお気遣いしてくださって本当にありがたかったです。

1日お外に居て販売してましたが、日差しもあたたかく気持ちよかったです。

おうちに庭があるってとてもいいなぁと思いました。
いろんな木が本当に沢山植えられていて、特に木蓮の木がいちばん好みでした^^

咀 嚼

食べる人の顔を想像してつくるご飯。 口にすると気持ちがふっと緩まるようなご飯。

0コメント

  • 1000 / 1000