ツグミさんのこと、好きが過ぎる件

10月最終日。

今日は。
福岡 アルバスのフォトグラファーの目野つぐみさんに咀嚼の写真を撮影していただきました。

朝早くから気持ちよく現れたツグミさん。

そのとき私はワタワタと調理をしていました。

本当は1ヶ月くらい前から予定していましたが、天気とか色んな関係で今日に。

だけど今日で本当によかった!って思いました。

なぜなら今日はツグミさんのお誕生日だから。
天気も気候もサイコーに気持ちよかったから。

ひっそり、コッソリ、誕生日プレゼントを準備しました。
喜んでもらえたみたいでノダ家も嬉しいです。

話戻りまして、撮影はツグミさんが我々の気をモミモミしてくれながら順調に進みました。
折角写真を撮ってもらうんだから、咀嚼の定番メニューを撮ってもらった方がいいという夫のアドバイスもあり、
いつも作るメニュー(ひじきの炒め煮、鶏つくね、白和え、キッシュ、きんぴらごぼう・・)。

加えて、先日の料理教室で習ったばかりの、
そしてノブコお母さんと私がその中で一番好きだと思った『カリフラワーと落花生のリャンバン』、あと思いつきで入れた『切干し大根のピリ辛和え』を今日は作りました。
その他数点。
ツグミさんと一緒に撮ってもらいました!
うれしい!

ご来店くださったお客様にもご協力いただき、接客風景も撮っていただいたり。
(快く了承してくださって本当にありがとうございます!)

サトウさんが来てくださって、ワンちゃんと河川敷に行かれるって、ミニお弁当を買ってくださったり。
ピクニックですね。。
お豆腐とっても美味しかったです〜!
ツグミさんに、咀嚼からの誕生日プレゼントでお弁当のつくねをプラスイチしました。

カリフラワーのリャンバンを食べたツグミさんが、『なんか咀嚼っぽい』って仰ってくださったのがとても嬉しかったです。

いつも目からウロコな気づきをくれる、
不思議な魅力が満載な方です。

後から気付いたけど、去年の10月もツグミさんに写真を撮ってもらってました。
そして数年前の10月にも。(この時がハジメマシテでした)
一年後に同じ場所でこんな風にお店の写真を撮ってもらうなんて、ほんと幸せです。

今は携帯で撮る写真が本当に画質がよくって、自分でデジカメ持ってた時代がすごく懐かしいですが(それもそんな昔の話じゃないですよね)

改まって撮ってもらうあの感覚とか、
写真館に出向くっていう、あのワザワザ感?
『もっと笑って〜!』って言われて作り笑いしちゃうような、あの感じは毎年じゃなくてもなにか節目のときとか、そうじゃなくっても、暮らしの中のどこかしらのタイミングで持ちたいなって思うし、
撮ってもらうのはツグミさんがいいなって思います。

つまりはそのくらいツグミさんが好きだという話。
そしてツグミさんの撮る写真がめちゃ好きだという話。

お誕生日、おめでとうございます^^

咀 嚼

食べる人の顔を想像してつくるご飯。 口にすると気持ちがふっと緩まるようなご飯。

0コメント

  • 1000 / 1000