悲鳴をあげてお母さんを驚かせる

初のお休みを経て、
咀嚼  2週目突入です。

お休みって、いいですね〜!

なんだか気持ちがリフレッシュされたのが分かります。
もちろんカラダも。

開店前にワタワタ準備をしていたら、
気付かない間にお花が届いていました。

黄色とオレンジ、
ビタミンカラーで、色から元気をもらえました。

嬉しい〜!
お手紙もありがとう!
(写真を撮り損ねたです、くやしい)

そして、
今日は丸徳家具の佐藤さんが余韻で髪のお手入れと、咀嚼にも来てくださいました。

嬉しいです。
ありがとうございます。

保冷剤を沢山お持ちくださったのがツボでした^^

そしてそして、
PERHAPSの北島さんご家族が来てくださいました。

前日にお店で開催されている、
『約50人のブックカバー展』に遊びに行ったばかりだったので、まさかまさかでしたが嬉しかったです〜!

お子さんが可愛過ぎました。ほんとに。
唐揚げ、練習しておきますね。

題名の、悲鳴をあげたのは
扉をガチャリと開けたら
矢野さんがいたから。

結構な悲鳴で、お母さんを本当にビックリさせてしまいました。
ごめんなさい。

矢野さん、お久しぶりでした。
矢野さんだいすきだから嬉しかったです〜!
今度はわたしの金髪姿をお見せしたいと思います。

そんなこんなで、今日も沢山オシャベリが出来てうれしい1日でした。

ご来店いただいた皆さま、
ありがとうございます。

明日も元気にノブコ・マナミのふたりで
咀嚼でお待ちしております。

咀 嚼

食べる人の顔を想像してつくるご飯。 口にすると気持ちがふっと緩まるようなご飯。

0コメント

  • 1000 / 1000